【初心者】山菜採りで必要な道具。出発前に準備しておきたいアイテムを紹介。


ub-craft

春と言えば山菜を思い浮かべる方も多いはず

山菜を採ってみたいけどどうしたらいいの?

山菜採りで必要な道具ってどんなものがあるの?

そんなお悩みをもつ山菜採り初心者の方に向けて、この記事を書き進めています。

結論

きちんと準備できれば山菜採りを安心して楽しめます。

でも、準備不足は危険なことも沢山ありますよ。

山菜といえば、『春にしか食べられない』というプレミア感が満載な食材。

あの独特の香り高さが美味しくて、トリコになっている方も多いのではないでしょうか。

採れたての山菜を、天ぷらやお浸しなどの料理で味わえるなんて

もう考えただけで、お腹がグルグル、ヨダレが…(笑)

(画像:ub-craft)

お酒が好きな方なら、おつまみにも最高のお供になりますよね。

せっかく山菜採りに出掛けるんだから

バッチリ準備をして山菜採りに出掛けちゃいましょう!

【初心者】山菜採りで必要な道具。出発前に準備しておきたいアイテムを紹介。

山菜採りは山の中に生えています。

山菜採り初心者の方が、山菜採りの最中に困ってしまえば大変です。

山の中でで困ることがないように、出発する前に準備しておくとよい道具について書き進めていこうと思います。

読者の方が、山菜採りの楽しさと美味しさを味わって頂けたら幸いです。

それでは始めていきますね。




筆者は、山菜採りが得意な祖母に連れられ、小さい頃(小学校1年生くらい)から野山に分け入り、タラの芽やコシアブラなどの山菜を採っていました。

今でも山菜採りは大好きで春になると山へ入っては美味しい春の恵みを頂いています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ub_craft(@ub.craft.ats)がシェアした投稿

山菜採りで必要な道具を紹介

山菜採りに行く前に確認しておきたいこと

ub-craft

せっか出掛けたのに、山菜の時期じゃなかったなんて悲し過ぎますよね。

①『春だから山に入れば山菜はあるよね??』

                         or

②『いやいや、そんな簡単に見つかるはずないんじゃないの??』

山菜採りをイメージすると、こういった意見も出てくると思います。

これはどちらも正解であり、間違いでもあるんですね。

それはなぜかと言うと

①春だから山に入れば山菜はあるよね??

①目的の山菜が芽吹いている時期に生えている場所に行かないと採れない


②いやいや、そんな簡単に見つかるはずないんじゃないの??

②意外と身近な所に食べられる山菜はあったりする

例えば

タラの芽

(画像:ub-craft)

山菜の王様とも言われるタラの芽っていつ頃採れると思いますか?

2~3月頃をイメージする方もいるかもしれません。

これは栽培物の出回る時期なんです。

天然物タラの芽

3月中旬~4月初旬が旬の時期なのです。

山深い山間部では6月頃まで採れることもあります。

つまり、栽培物が出始める3月頃をイメージして山間部に入ってもまだまだタラの芽が芽吹いていないということも往々にしてあるんですね。


ub-craft

山菜の本で知識を頭に入れておけば、思わぬ山菜に出会えるかもしれませんよ。

近所の水辺に生えていた『ミツバ』

親子丼や、お吸い物の脇役のミツバ。

スーパーではお馴染みの野菜ですが、実は身近で採れる山菜なんですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ub_craft(@ub.craft.ats)がシェアした投稿

山菜の本は小さく持ち運べるので、その本を持って山に入れば実際に採れた山菜と、本の内容を見比べることができるので安心ですよ。

逆に、とても似てるけど食べられない植物も結構あるんですね。

 

山菜採りの服装

  1. 長袖、長ズボン
  2. 帽子
  3. フェイスタオル
  4. 雨具(カッパ)
  5. 長靴 or タビ or トレッキングシューズ
  6. 手袋

長袖・長ズボン

山の中に入るとトゲのあったり、触れるとカブレてしまう木々が生い茂っています。

虫やヘビなどもいるので長袖・長ズボンが絶対にオススメ。

そして薄手のものを何枚か重ね着して、気温などに応じて着脱できるようにしておくと快適に山菜採りができますよ。

山菜狩りのあとに怪我やカブレてしまって、辛い思いをするなんて悲し過ぎます。

これがあれば虫刺されも、ヘビに噛まれても安心‼(※毒蛇なら必ず病院へ)

 帽子

山の中には高さのある木もたくさん生えています。

木の上から枝や葉っぱが落ちてくることもあるため帽子を被っておくと安心ですね。

私が嫌なのはクモの巣が髪の毛に絡むとなかなか取れないので、帽子は絶対に忘れたくない物の一つです。

フェイスタオル

これは結構便利です。汗を拭くのにももちろん使えますが、首回りって案外フリーになっていることがあるんです。フェイスタオルを首に巻いておくと、首回りが守られて汗も吸い取ってくれますよ。

雨具(カッパ)

山の天気は変わりやすいなんて登山のだけの話。なんて山を甘く見てはいけません。

突然の雨って結構ありますよ。

そして、雲や木々に太陽が覆われると一気に気温が下がるなんてことも。

そんな時に雨具(カッパ)があれば問題解決。

冷たい思いや寒い思いをせずに山菜採りを続けたり、下山できますね。

長靴 or タビ・トレッキングシューズ

私は靴底にスパイクの付いたタビを履いて山菜採りに行きます。

初心者の方は、タビを履いてまで…とお考えになる方もいると思います。

お持ちの長靴でも全然問題ないと思います。

もし慣れてきたらスパイク付きのタイプが、山の斜面ではすごく楽ですので是非お試し下さい。

手袋

長袖・長ズボンの所でも書いたのですが、トゲやカブレやすい木々が山にはたくさんあります。

軍手もいいですがピタッとしたタイプが収穫する時にも採りやすいですよ。

収穫の時に使うもの

  1. ビニール袋
  2. ビク
  3. リュックサック
  4. ノコギリ・ナタ
  5. 新聞紙

ub-craft

山菜採りのポイント☝新芽の柔らかい部分を手でポキッと折れる部分までが美味しい♪

ビニール袋

山菜の種類ごとに分けて収穫すると家に帰ってから楽チン♪

山菜採りって採っている時は夢中になってしまうと思うんです。

だからこそ、下山してからグッと疲れがきた…なんてこともよくあります。

でも、せっかく採ってきた山菜を美味しく食べてあげなきゃ山菜も頑張った自分も可哀そう。

そんな時、山菜の種類ごとに分けて収穫すると家に帰ってから楽ですよ。

保存するにも、大切な方へお裾分けするにもgoodです。

ビク

山菜は比較的、群生といって同じところに集まって芽吹いていることが多いです。

そのため、一つあればその先にまた一つ、またその先にということがよくあるんですね。

山菜採りをしていて夢中になる幸せな瞬間かもしれません。

そんな時、腰にビクを付けておくととっても便利で、採った山菜をビクへin、また採ってビクへin。

この時、ビニール袋へ種類別、もしくは大きさ別に入れておくと家に帰った後の自分が褒めてくれると思います(笑)

 

この投稿をInstagramで見る

 

knulpAA(@machida_knulpaa)がシェアした投稿

リュックサック

採れた山菜はもちろんですが、この記事で紹介する道具たちをリュックサックに入れて持ち運ぶのに便利です。

リュックサックなら両手が自由になるので絶対必要だと思います。

ノコギリ・ナタ

あまりむやみに木々を切るのは良くないですが、タラの芽やコシアブラなどの新芽は結構高いところで芽吹いていることがあるんです。

その芽吹いている木の先を引っ張ってくる道具を作るのに使います。

新聞紙

採れた山菜をビニール袋に入れまま持ち帰っても問題ありません。

ただ、どうしても収穫した後の山菜は萎れてしまうことがあります。

家に帰るまでに時間がかかる場合には、新聞紙に包み、その上から少し水を掛け、ビニール袋に入れて持ち帰ると鮮度が全然違います。

ub-craft

この方法は、宅配便などで遠方に山菜を送る時にも使えますよ。

この状態で段ボールに入れて送ってあげれば鮮度を落としにくいです。

クール便で送ってあげると更に安心ですね。

ヤマト運輸:料金・お届け予定日を調べる

山中で飲食も楽しもう

水分補給はしっかりして脱水予防を。

山菜を採っていると意外に運動量があり喉が渇きます。

適度な水分補給も大切になるので水分はしっかり持って入山することをおすすめします。

脱水は夏だけのものではなく、どんな季節にもなるので注意が必要ですね。

山の中で食べる食事も最高です

お家で握ったオニギリを食べるもよし、少し休みながらお湯を沸かして簡単にカップラーメンなどを作るもよし。

歩行中にちょこっと食べられる栄養補給も大切ですね。

緊急時の対応

備えあって憂いなし。

実はとっても大事だけど忘れられがちな救急時の物品。

実のところ、筆者は医療従事者なので一番気になるところでもあったりして。

山菜採りで一番多いのが外傷なんです。

手を切ったり、骨を折ったりという類の『theケガ』です。

そのため、絆創膏やガーゼ、大げさなように感じるかもしれませんが、骨折の患部を固定するシーネがあってもいいですね。

もし持病がある方なら、いつも飲んでいるお薬を持って行って下さいね。

合わせて読みたい記事

常に携帯できなきゃ意味がない|極小クマ除けスプレー『ペッパーマン』を紹介。

熊除けスプレー

源流釣りで大活躍|特定小電力無線トランシーバーFTH-314(L)レビュー

【鮮度抜群】メスティンで採りたて山菜をその場で激ウマ天ぷらに。ビールのつまみに『最高かよ』以外の言葉が見つかりませんでした。

美味しい山菜TOP.3の採り方とおすすめ料理を紹介します

【葉わさび】醤油漬けより美味しい!麺つゆだけの簡単レシピ

テンカラ釣りをアウトドア・キャンプ好きにオススメする3つの理由

【フジカハイペット】冬キャンプするなら初夏に注文しないと間に合わない

価格】1万円いないで買えるテンカラ竿。コスパが良い竿は初心者やサブロッドにおすすめです。

【費用3,567円】古材で作った激安チキントラクター。2way機能充実の鶏小屋の作り方を紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です