【本格ベーコン】美味しく安全なベーコンを自分の手で作ってみませんか?

ベーコン

誰でも一度は食べたことがあるベーコン。

嫌いな人はいないのではないか?と思うくらい美味しいですよね。

そんなベーコンを自分の手で作ることができたらどうでしょう。

作る楽しみや食べる楽しみが増し、普段以上に美味しいベーコンができあがること間違いなしだと思います。




本記事では下記の内容を紹介します。

この記事の筆者は、ベーコンやウインナーが大好き過ぎる2児の父。

嬉しいことに子供達も私が好きなベーコンやウインナーをよく食べてくれるようになりました。

しかし、自分が食べる分には特に気にすることもなかったのですが、子供達が美味しそうに頬張る姿をみているうちに、このベーコンやウインナーの中身って何が入っているんだろう?と思うようになりました。

100%は無理かもしれませんが、安心安全で本格的なベーコンを子供達に作ってあげたいと思い、ベーコンやウインナーを手作りしています。

それでは早速始めていきますね。

結論から申し上げますっ‼

手作りベーコン☞めちゃウマです(*´▽`*)♪

1.ベーコンの作り方(簡単に)

燻製方法

  • 温燻法

所要時間

  • 9日間

※安心してください!

このうち、約7日間は1日1回お肉をひっくり返すだけ

9日間かー、と思った方。素晴らしいです。

それは頭の中で、作ることをイメージしていたという証拠(>_<)

7日間ひっくり返すだけの作業を除けば2日だけ♪♪

もうすでに本格ベーコンが完成したも同然です(悪徳商法ではありません笑)

手順

  1. 下処理→30分
  2. 塩漬け→7日間
  3. 塩抜き→約3時間
  4. 風乾→約6時間
  5. 温乾→約1時間30分
  6. 燻煙→約3~4時間
  7. 冷蔵→約12時間

2.材料と調味料

お肉♪♪

  • 豚バラ肉ブロック:1kg

調味料

  • 粗塩:20g
  • 三温糖:3g
  • マジックソルト:約5振り
  • ローリエ:2枚

スモークウッド

  • サクラ
  • ヒッコリー
  • ナラなど

お好みのものを1本100g程。

上級者の方々はブレンドして作られる人もいます。

 

3.必要な道具

燻製機

 

 

 

電熱器

 

 

バーナー

 

 

 

干し網

 

 

包丁

 

肉刺し器

 

 

フォーク

 

使い捨て手袋

 

 

 

シップロック

 

 

キッチンペーパー

4.ベーコン作りの流れ

燻製方法

ベーコン作りには【温燻法】が適しています。

温燻法

  • 適している季節:秋から春
  • 保存:冷蔵で3~4日程度
  • 素材の水分含有量が高いためジューシー♪

(画像:ub-craft.com)

手順

下処理:30分

⑴豚バラ肉ザクザク作業

  • 豚バラ肉に調味料がよく染み込むようにフォークや肉刺し器などで細かな穴を開けていきます。
  • 肉刺し器を使用してもよいですし、無い場合は強度のあるフォークを使用します。

(画像:ub-craft.com)

 

 

⑵調味料擦り込み作業

  • 調味料の粗塩20g、三温糖3g、マジックソルト約5振りをお皿に入れ混ぜます。
  • これを豚バラ肉へ擦り込みます。
  • 「美味しくなーれ♪」と願いながら行うと、とっても美味しくなるハズです(`・ω・´)ゞ

(画像:ub-craft.com)

 

⑶熟成準備

  • 調味料を擦り込んだ豚バラ肉とローリエを一緒にキッチンペーパーで包み、ジップロックに入れます。
  • この際、ジップロック内の空気をなるべく抜いて密封すると味のムラが少なくなると言われています。
  • これが終了したら冷蔵庫へ入れて下さい。

(画像:ub-craft.com)

大丈夫です。1日1回ひっくり返すだけですから(>_<)

塩漬け:7日間

  • 1日1回ひっくり返して、美味しくなるのを願うのみ♪
  • ジップロックに入れた豚バラ肉を冷蔵庫で熟成させていきます。
  • 1日1回裏表をひっくり返してまんべんなく調味料が肉に染み渡るようにします。
  • この際にも、是非「美味しくなーれ♪」の願いを注入してあげて下さい(>_<)

ポイント(*´▽`*)塩抜き終了のサインはちょっと薄味かなくらいが丁度よいです♪

塩抜き:約3時間

  • 熟成が終了した豚バラ肉の塩抜き作業です。
  • 取り出した豚バラ肉の調味料を洗い流します。
  • その後、適材の容器で豚バラ肉全体が水に浸かるようにして塩抜きをしていきます。
  • この際、流水をストロー程度の太さに調整しておきます。
  • もし水がもったいないようでしたら30分毎に容器の水を入れ替えても問題ないです♪

☝筆者は30分毎水を入れ替えています(^^)/

(画像:ub-craft.com)

豚バラ肉の脂身具合や塩漬けの様子で調味料の染み込み具合が変わります。

そのため、端っこを少し切ってレンジでチン。食べて確かめてみてください(^^)

風乾:約6時間

  • 肉の水分を拭き取り、風に当てて乾燥させます。
  • もしくは、サランラップなどはせず、冷蔵庫に入れておいても乾燥できます。

☝筆者は冷蔵庫で乾燥させています(^^)/

※きちんと乾燥させて水分を飛ばさないと、燻製の良い香りが付かず完成度が下がってしまうので注意です!

 

温乾:約1時間30分

  • スモーカーに吊るし、電熱器を使って温乾します。
  • 50~60℃を目安にして下さいね♪

※まだスモークウッドは入れません。

(画像:ub-craft.com)

 

 

 

燻煙(温燻):約3~4時間

  • ・お好みのスモークウッドで燻していきます。

ここからが燻製の本番といったところでしょうか(^^)

筆者はサクラのスモークウッドが好きなのでおすすめします♪

色んな種類があるので試してみるのもよいですね。

  • スモークウッドにバーナーなどで着火します。
  • スモーカー内の温度を60~70℃程度まで上げ、約3~4時間程度温燻していきます。

(画像:ub-craft.com)

冷蔵:約12時間

  • 燻煙が終わりそのまま食べたいところだと思いますが、もうひと踏ん張り。

その気持ちを抑えて、冷蔵庫で寝かします。

燻製の香りを落ち着かせ、味を馴染ませるために大切な作業です(≧◇≦)

☝筆者はいつも冷蔵する前に少し食べてしまうんですが、冷蔵前後では全然旨味が違うので試してみてもよいかもしれませんね(^^)

5.保存方法

  • 冷蔵保存で3~4日程度と言われていますが、その時々の状況で変わるのでなるべく早く食べることをお勧めします。
  • また食べる時はしっかりと加熱して召し上がってくださいね♪

美味しいベーコンが作れることを祈っています。

合わせて読みたい記事

【現役猟師おすすめ】狩猟マンガ10選。狩猟に関する命のドラマを手に取ってみませんか?

【テンカラ】コレで釣れなきゃ魚がいない!空間を最大限に活かす5つのテクニック。メリット・デメリットを交えて釣り方を解説します。

【鮮度抜群】メスティンで採りたて山菜をその場で激ウマ天ぷらに。ビールのつまみに『最高かよ』以外の言葉が見つかりませんでした。

価格】1万円いないで買えるテンカラ竿。コスパが良い竿は初心者やサブロッドにおすすめです。

【狩猟】猟師になって良かったランキングBEST⑩。1シーズン目を終えて感じたこと

◎この際、リアルハンターになって自分でお肉をGETしませんか?

こちらからどうぞ(^^)/

◎無添加ウインナーの作り方が知りたい方

こちらからどうぞ(^^)

◎イワナやヤマメ、ニジマスなどの燻製も美味しいですよ♪

☞川魚の燻製はこちらからどうぞ(>_<)

【費用3,567円】古材で作った激安チキントラクター。2way機能充実の鶏小屋の作り方を紹介します。

【メスティン飯】秋キャンプにオススメ!採れたて松茸ご飯。簡単めちゃ旨レシピと作り方を紹介します。

受験料だけじゃ足りない!狩猟免許に必要な費用と節約法を紹介します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です