【本当にあった怖い話】猟師になってゾッとした事ワースト5を紹介します。

ub-craft

猟師1年目で経験した実話です。今では笑って話せますが当時は本当に怖かったです(笑)

2019年(令和元年)猟師になって1年が経ちました。

この1年間であった背筋も凍るようなゾッとした事をワースト5で紹介していこうと思います。

リアルに基づいているのですが、ゾッとし過ぎて猟師なんてなりたくないという人が増えないことを祈っています(笑)

【本当にあった怖い話】猟師になってゾッとした事ワースト5を紹介します。

筆者のプロフィール

  • 35歳 元高校球児
  • 妻と可愛い子供たちに囲まれ、長野県の山奥に家族4人で古民家暮らし
  • 2019年(令和元年)に猟師デビュー
  • 第一種銃猟・わな猟の狩猟免許保有
  • 猟友会に所属
  • 有蓋鳥獣駆除隊員

それでは始めていきますね。




ub-craft

まずはジャブからいきますねということで、ワースト5から!

ワースト5

巻き狩りに行ったら散弾銃の弾を忘れた。

巻き狩りとは

山で休んでいるイノシシやシカなどの獲物を「勢子(せこ)」とよばれる役割の人が、「立間(たつま)」のいる方向に追い出して、立間の人が、出てきた獲物を散弾銃やライフルで撃つという猟法です。

先輩猟師さんたちと20人くらいで巻き狩りに出掛けました。

集合場所に集まると、親方がそれぞれ役割を割り振ってくれます。

まだまだ山や獲物の動きが分からない私は『お前は立間(たつま)だ!しっかり獲れよ‼』と役割を言い渡されました。

意気揚々と持ち場に着いて準備を始めてようやく気付いたんです。

『弾ないじゃん…』

もちろん法律上、他人の弾は使えません。

しかもこの日は大物を捕るぞ‼と皆さん気合が入っており、いつもよりもかなり山奥への出猟。

そして、引き返そうにも、いつもは自分の車でいくのに今回は先輩猟師さんの軽トラに同乗し、持ち場に下してもらっていました。

この時ばかりは獲物よ、出ないでくれと願いました。

幸か不幸か獲物は他の猟師さんの所に出たので事なきを得たのです。

ワースト4にして、これは本当にやばい話です。

ワースト4

『ここで撃ってよい』と言われた場所は禁猟区だった。

(鳥獣保護区の看板:ub-craft)

連絡先の交換をしていた猟師さんから「カモ猟を教えてあげる」と電話がありました。

ちょうど時間も空いていたのと、空気銃を購入したばかりで、カモ猟もやってみたいと思っており「すぐ行きます」とお伝えし準備を始めました。

【狩猟】散弾銃を所持している私が空気銃のFXドリームラインBPを購入した理由

先輩猟師さんと同流し、車へ同乗して猟場を探すことに。

ここで気付けばよかったのですが、先輩猟師さんは散弾銃(空気銃)を持ってきていなかったんですね。

私の指導のために自分の猟果は諦めてくれるんだなぁなんてのんきに感謝していたんです。

そんなこんなで川沿いにアオクビと呼ばれる美味しいマガモのオスを発見。

(マガモ:狩猟読本)

そこで先輩猟師さんが私に、『ここで撃ってよい』とおっしゃったんですね。

でも、近くには民家が見えているし、何か変だと思い、空気銃も取り出さず、もちろん発砲もせず。

実はその場所は鳥獣保護区および半径200m以内に10軒をはるかに超える住居があったんです。

最高裁判所判例

人家と田畑が混在する地域内にあり、周囲半径約二〇〇メートル以内に人家が約一〇軒ある場所は、鳥獣保護及狩猟ニ関スル法律一六条が銃猟を禁止する「人家稠密ノ場所」に当たる。

もしここで散弾銃を取り出したり、発砲などしてしまっていたら法律違反で即アウトでした。

あの時、先輩猟師さんは『撃ち手が嫌なら仕方ないな』と言った言葉は今でも忘れません。

多分、禁猟区を承知で撃ってよいとおっしゃったんだなと思います。

今考えてもゾッとして変な汗をかきますね。

知識不足の自分を反省しますが、先輩猟師さんの言うことが全て法律順守ではないということを学びました。

ub-craft

狩猟は命も人生も関わってくるので指導者や一緒に行動する人はよく選ばれることをおすすめします。

血相を変えたイノシシが筆者を殺そうとしていました…

ワースト3

罠(わな)が外れてイノシシがこちらへ突っ込んできた。

(罠に掛かったイノシシを止め刺しする様子:狩猟生活)

筆者は散弾銃と、くくり罠(わな)で狩猟をしています。

そのくくり罠へ、なかなか大きめのイノシシが掛かっていました。

止め刺しをしよう思い、近くに寄っていったとき「バシッ」っと音がして、イノシシが筆者に向かって突っ込んできたんですね。

ub-craft

めったにないのですが、この「バシッ」の音はくくり罠のワイヤーが切れたときのものです。

わなに掛かったイノシシは命がけですから、その表情というか風貌は正に『血相を変える』の一言。

あわせて『あ、オレ殺される』と思った瞬間でした。

しかし、妻も子供もいる身ですから簡単に殺される訳にはいきません。

準備していた散弾銃で脳天を一撃し、危機を乗り越えました。

(私を殺そうとしたイノシシ:ub-craft)

ワースト2

振り返ったらクマがいた。

(クマ。リアルガチはもっと怖いです:狩猟生活)

狩猟中に尿意を催してしまいました。

でも、山の中にはトイレはないので、立ち〇ョンをしていたんです。

なんとなく何かの気配を感じて振り返ると、そこにはクマが両手を広げて『ヴォォォォッ‼』っと威嚇してきたんですね。

もう死ぬ、いや死んだと思いました。

何回死ぬんだよ!とツッコミが飛んできそうですが、本当に死ぬと思ったんですよ。

途中だったオ〇ッコもピタっと止まってしまいました。

散弾銃は背中に回していてすぐに撃てる状況ではなかったので、とにかく大声とこちらも両手を大きく広げて威嚇をしたところ、運良くクマの方から逃げていってくれました。

本当に怖かったです。

オ〇ッコする前だったら絶対チビッたと思います。

ちなみに猟師が勧めるクマ対策とクマ除けグッズについての記事はこちらからどうぞ

【クマ対策】正しい知識と対処法。猟師おすすめのクマ除けグッズ6選を紹介します。

ワースト1

巻き狩りに出掛けようとしたその日は、妻の誕生日だった。

(家族で作った手作りケーキ:ub-craft)

我が家には猛獣の妻がいて、間違えました。美人な妻がいます。(棒読み)

なんだかその日はいつも以上に朝から色々と話しかけてきたんですね。

でも、筆者は軽く聞き流しつつ巻き狩りの支度をしていました。

しかし、妻の機嫌が明らかに悪くなっていくのを背中でゾクゾクと感じ始めたんです。

妻:「ねぇ?今日何の日かわかってるよね?」

新聞にそういった記事はありますが、そんなツッコミは入れられそうにありません。

筆者:様子を伺いながら「今日は巻き狩りの日だよ?」

妻:「あっそ‼山から滑落しないようにね‼‼」ガチャン(ドアを強めに閉める音)

筆者:「…。」

全然何の日かわからなかった筆者。

しかし妻はかなりの形相、正に血相を変えたイノシシのようだったので(ブログ見られたら絶対怒られる)、嫌な汗をかきつつGoogleカレンダーを確認すると、その日は妻の誕生日だったんですね汗

すぐに巻き狩りの親方に行けなくなったと連絡。

家族みんなでケーキを作って、その後で高いお洋服を買いに出かけましたとさ。

最後に

【本当にあった怖い話】と題して猟師になって1年目で経験した身の毛もよだつゾッとしたことを紹介してきました。

そんな怖いこともありますが、楽しかったことや良かったこと、好きなことを通じてお金(報奨金)を貰えたことなどなど、良いこともたくさんあります。

この記事を通じて猟師のなり手が少なくならないことを祈りつつ、できればこちらの記事もご覧いただければと願っています。

おすすめの記事

現地調達できる美味しいジビエ肉BEST.5!おすすめキャンプ飯も紹介します。

【現役猟師おすすめ】狩猟マンガ10選。狩猟に関する命のドラマを手に取ってみませんか?

【狩猟】猟師になって良かったランキングBEST⑩。1シーズン目を終えて感じたこと。

【狩猟】日本で獲れる獲物は48種。4つの猟法と狩猟免許や狙える獲物を紹介します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です