【フライ】初心者でも簡単にできるエルクヘア・カディス毛鉤の作り方を紹介します。

エルクヘアカディス

自分で毛鉤を作ってみたい。

自分の作ったフライ(毛鉤)で魚を釣ってみたい。

そういった希望にお答えしていこうと思います。

今回紹介するエルクヘア・カディスは、よく釣れる毛鉤として昔から多くのテンカラ・フライフィッシングを楽しむ釣り人から愛されています。

そんな有名な毛鉤を作るなんて難しそう…

筆者もエルクヘア・カディスを作ったことがない頃は、そう思っていました。

しかし、実はエルクヘア・カディスという毛鉤は、比較的簡単に作れてしまうんですよ。

初めての毛鉤作りにはピッタリなエルクヘア・カディスの作り方を紹介していこうと思います。

自分で作ったエルクヘア・カディスを持って、最高の1匹と出会いに行きませんか?

【フライ】初心者でも簡単にできるエルクヘア・カディス毛鉤の作り方を紹介します。

ub-craft

筆者のプロフィール

  • ub-craft
  • テンカラ釣り歴:25年
  • 所属:地元漁業組合(川の漁師)
  • 住まい:イワナの泳ぐ川の畔で古民家暮らし
  • 実績:自作毛鉤で年間200~300匹ほどのイワナやアマゴを釣る

それでは始めていきますね。




エルクヘア・カディス毛鉤を作る必要な道具

必要な道具

  1. フライタイイングキット
  2. 針 (HOOK)
  3. 糸 (THREAD)
  4. 胴体に巻く羽 (BODY HACKLE)
  5. 羽の部分の羽 (OVER WING)

フライタイイングキット

毛鉤作りには色んな道具を使います。

初めからひとつひとつ揃えるのは大変です。

また高価なもの結構あって、使わないのに買っちゃった…

なんて悲し過ぎるので、最初の内はセットになっているスターターキットを購入することをおすすめします。

慣れてきたら、自分に合ったものを追加していくのも楽しいですよ。

針(HOOK)

針の大きさは『#○○』で表示されています。

数字が小さくなると、針は大きくなります。

#12と#16の針はどっちが大きい?

#12の方が大きいです!

ub-craft

ちなみに、エルクヘア・カディスは#12~16で作るのがおすすめですよ。

初めての場合は、#12番の大きい針で毛鉤を作るとうまくいきますよ。

筆者が毛鉤を作る場合、#14が多いです。

(THREAD)

胴体に巻く羽(BODY HACKLE)

☞グリズリーコックハックルケープ

羽の部分の毛(OVER WING)

☞エルク・ヘア(ホワイト)

エルクヘア・カディス毛鉤の作り方(巻き方)

①下巻きは真ん中よりやや後ろまで巻きます。

※針先に糸が引っかかると、糸が切れてしまったり傷んでしまうので注意が必要です。

(画像:ub-craft)

②その位置にグリズリーコックハックルケープ(以下ハックル)を止めます。止め方は裏側を上に向けるようにしていきます。

※針には『アイ』という糸を通す穴が、針先の反対にあります。そのアイから約1mm程の所まで糸を巻いていきます。

(画像:ub-craft)

③ハックルをできるだけ密に巻きます。ボディー材はフライが重くなるので使わない方がよいと思います。

※ハックルと引っ張りすぎると切れてしまいますが、緩すぎると巻が解けてしまうので絶妙な力具合でお願いします(*´▽`*)

(画像:ub-craft)

④ハックルの上下をカットします。カディスのボディーはこのくらい短いのです。

※2~3mmくらいまでカットしてしまいましょう。

(画像:ub-craft)

⑤前から見ると、このように横だけ出ています。

※これはフライが回転しないようにする工夫です。

(画像:ub-craft)

⑥スタッカーで毛先を整えたエルク・ヘアを上に乗せて糸を巻き固定します。

※毛先は針先側。画像では左側に毛先を向けてくださいね。尖っている方が毛先になります。

(画像:ub-craft)

⑦完成です。

※なんということでしょう。あっという間に完成です。

(画像:ub-craft)

慣れてくれば15分ほどでエルクヘア・カディスを巻けるようになれると思います。

この自作フライで、最高の1匹と思い出を作って頂ければ幸いです。

それではまた。

合わせて読みたい記事

【一生物】高級テンカラ竿を紹介。メリット・デメリットやスペックを解説します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です