【節約】凍結防止ヒーターで冬季の電気代で損してない?年間4万円程をセーブ90で賢く節電


ub-craft

こんにちは!ub-craftです✌

寒冷地ではお馴染みの水道管の凍結防止ヒーター。

実はとっても電気代が掛かるんですよね。

この記事を読まれている方は冬場の電気代が高くて困っていたり、少しでも節約できないかと考えている方でしょうか。

本記事では下記の内容を紹介します。

【節約】凍結防止ヒーターで冬季の電気代で損してない?年間4万円程をセーブ90で賢く節電

それでは早速始めていきますね。




ub-craft

セーブ90を使えば、必要なければ電気を切ってくれます。

そのため、約76%~90%以上節約してくれるですよ。

①冬場に電気代が掛かる理由

電気代って、なぜかかると思いますか?

そんなの使ってるからに決まってるでしょ!

お怒りのお言葉が飛んできそうですが、正にその通りなんですよね。

電気は使えば、電気代がかかるんです。

何が言いたいかというと

電気は使った分だけ電気代として請求されます。

光熱費でいうとガスなんかもそうですよね。

つまり、必要がない時に電気が流れなければ節約ができるんですね。

冬場に電気代が掛かる理由

⑴暖房費

冬場に電気代が掛かる最も大きな理由は暖房です。

寒い中、我慢すれば節約になるかもしれません。

でも、それって身も心も寒々してきて悲しいと思います。

しかし、電気代が上がる理由暖房だけではないんですよね。

⑵水道凍結防止ヒーター

寒冷地に住んでいる方ならお馴染みの水道凍結防止ヒーター。

1シーズン45,000円程度掛かると言われています。

1シーズンが12月頭から3月末までの4か月として

45,000円÷4か月=11,250円

1か月約11,000円‼も掛かっている計算になります。

ub-craft

こうやって計算してみると結構高いですよね。高めのご飯屋さんへ行けちゃいそう。

11,000円あったなら

3本も買えてお釣りがきてしまいますね。

ub-craft

たった1ヶ月で元を取って、あとは出てくはずのお金が残るなんて幸せ過ぎる♪♪

導入していなければ出ていくだけの電気代。

元を取ってしまえば、出ていくはずのお金が残る。

お金が入ってくるという感覚すら感じてしまいます。

水道凍結防止ヒーターは読んで字のごとく、水道の水が凍らないようにするものです。

水道凍結防止ヒーターのみの使用では24時間電気を通電しています。

そうやって水道を凍結しないように頑張ってくれているんですよね。

24時間ずっと通電って必要??

ずーっと通電しておく必要ってあるでしょうか?

水が氷るのって0℃以下と言われています。

冬場は寒いですが、暖かい日もあります

0℃までならない日もあります。

1日の中でも朝は寒くてマイナス5℃でした。

でもお昼頃には3℃まで気温が上がって、夕方からまた冷え込んで0℃以下になるなんてことは多いのではないでしょうか。

そんな時でも

水道凍結防止ヒーターは頑張ります。

ずーと頑張り続けて24時間通電してくれているのです…

②水道凍結防止ヒーターの重要性

水道が凍っちゃったら、溶けるまで待っていればいいんじゃないの?

そう思われる方もいるかもしれません。

ダメ、絶対‼なんです。

水道を凍らせてしまうと、蛇口の近くにあるゴムパッキンに亀裂が入るなどの理由で最悪の場合、水道(蛇口付近)が破裂してしまうんです。

水道が破裂してしまうととっても高く付きます。

・水道関連の業者さんの作業代

・破裂部の部品代

・近くにおいてあった電子機器に水が飛び故障してしまえば買い替え代etc…

つまり

水道凍結をしてしまうと本当に困ります。

凍らせたくない

でも

必要な時だけ通電してほしい

③NEWセーブ90の実力

業界初のFTC制御回路

業界初のFTC制御回路により、自動でヒーターへの電気をON/OFF

水道管内が凍結しないようにコントロールしてくれます。

外気温が0℃以下でも、水道管内が凍結しないと判断すれば電気をOFF。

無駄な電気を使いません

水道凍結防止ヒーターの電気代を90%以上節約

セーブ90はさまざまな地域で検証を行っています。

電気代を90%以上も節約ができるという結果がでています。

一部の地域を抜粋してみますね。

節電実測試験結果はこちらから見られます!

実測試験長野県の佐久市と伊那市という言わば極寒地で行われています

長野県佐久市の結果

長野県伊那市の結果

ub-craft

NEWセーブ90を使うと、通電しているのが約15%~24%しか電気を使っていません。

つまり、この地域では約76%~85%も節約してくれたということです。

とても寒い地域なのに、通電していない時があるなんで驚きです。

業界で唯一『省エネルギーセンター会長賞』を受賞している

NEWセーブ90は、(財)省エネルギーセンターが主催する省エネバンガードにて、優れた節電技術を持つ商品だけに贈られる省エネルギーセンター会長賞を受賞しています。

ub-craft

日本国や専門家の方々から認められた技術だから安心ですね。

④NEWセーブ90の種類

NEWセーブ90は3種類

定格AC100V(日本の普通の電源)

⑴1本用:ヒーター1本(100Wまで)

⑵2本用:ヒーター2本(200Wまで)

 

⑶3本用:ヒーター3本(300Wまで)

⑤NEWセーブ90の使い方

接続はワンタッチで簡単に取り付けできます。

念のためNEWセーブ90のCMを載せておきますね。

 

できれば

接続部に絶縁テープを巻いておくことをおすすめします。

少し手間ですが、そうすることで雨や雪の水分で漏電したり、錆びてしまうことが予防できます

⑥そのNEWセーブ90本当に動いてる?

最後になりますが

大事なことをお伝えしたいと思います。

一番大事なことは

水道が凍らないことです。

なので、NEWセーブ90を設置したからもう安心。

ではないんです‼

NEWセーブ90も機械です

メーカーさんの努力で壊れにくくはなっています。

しかし、屋外の寒さの強い環境に置かれていれば、壊れたり故障することもあるのです。

もしも、壊れたまま使用していたとしたら…

水道凍結防止ヒーターを使っていないのと同じことですよね。

そんな恐ろしいことにならないようにしたいところ。

そういう時のために

チェッカーがメーカーから発売されています。

冬季シーズンに入る前にはチェッカーでチェックを行い、安心して冬の寒い時期に備えたいですね。

合わせて読みたい記事

寒い冬には温かなストーブ。

オシャレなフジカハイペットはいかがでしょうか?

記事はこちらからどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です